讃岐正藍染 | ニットネック | 香川県伝統的工芸 讃岐のり染『染匠 吉野屋』

1/6

讃岐正藍染 | ニットネック

¥8,800 税込

別途送料がかかります。送料を確認する

『イチーナ』×『染匠吉野屋』

手袋の一大産地である、香川県東かがわ市。
手袋を中心に、防寒小物・UV商品・クールグッズなどを製造している『株式会社イチーナ』は、ネックウォーマーが市場にほとんどない時代に、ニットのネックウォーマーを製造販売しました。

『株式会社イチーナ』と『染匠吉野屋』の技術をかけあわせて
ニットネックを制作しました。

生地には、地球にやさしい “ Eco Feel ” を使用しています。
コットンリンター(コットンの種の周りのうぶ毛)を原料とする、再生セルロース繊維ベンベルグ(一般名称:キュプラ)と
コットンの複合素材で、土に還る、地球にやさしい繊維です。

調湿機能に優れ、季節を問わず、快適な着心地を得られます。


◇正藍染(読み:しょうあいぞめ)
正藍染は、すくも(藍の葉を乾燥させ、細かくしたものに水を打ち、発酵させたもの)と灰汁だけを使い、微生物の力で藍建てした、日本古来の藍染です。
水に溶けない「藍」を、溶けるように変化させ、染め液を作ることを“ 建てる ”と言います。
本来、葉の中にある「藍」は、水に溶けません。
灰汁で醗酵させると、白藍として水に溶けだし、液の中に粉体として存在するようになります。
そこに糸や布を入れると、藍が付着。
外に出すと、酸素と結合(酸化)して、元の水に溶けない青藍に戻って青くなります。
すぐに定着するので、正藍染は、汗や擦れ、紫外線に強く、色落ち・色移りの心配がありません。

【讃岐正藍染】は、
琴平町で育てた藍を使い、すくも作り・藍建て・染め、
すべての工程を琴平町の自社で行う、
讃岐産にこだわった『染匠吉野屋』の新しい試みです。

キュプラ 55%
綿 45%

サイズ W 225~340 × H 205(mm)

◎お好みの色を、お選びください。

お使いの環境(モニター、ブラウザ等)の違いにより、色の見え方が、実物と若干異なる場合がございます。
予め、ご了承ください。

商品をアプリでお気に入り
  • レビュー

    (15)

  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥8,800 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品